仕事等々、日々忙しくて、ストレスをためている読者の皆さんに、泣いてスッキリする解消方法をご紹介します。

その名も涙活(るいかつ)。

今回は、涙活を広めている、なみだ先生と呼ばれている感涙療法士の吉田英史さんの仕事現場にお邪魔して、どんなことをやっているのかをリポートしながら、涙活を知っていただききたいと思っています。

泣くと、ストレス解消になる!?涙活とは一体?

みなさん、泣いてスッキリした体験ってありませんか?

実は、医学的にその効用が証明されているのです。

吉田さんは、感涙療法士という肩書きを持って、企業や学校、病院等で、ストレスをためている人たちに、涙活(るいかつ)という健康法を広めています。

涙活とは、2~3分だけでも能動的に涙を流すことで、心のデトックスを図る活動を言います。

泣くことが、睡眠や運動よりもストレス解消に効果的だということが脳科学的にわかってきたそう。

今回は、吉田さんの仕事の様子(世田谷区立九品仏小学校でのPTAの親御さんに向けての涙活イベントの様子)をご紹介しながら、皆さんに、涙の力について話していきたいと思います。

涙を流すと、自律神経に変化が!?

人は、涙を流すことにより、自律神経が、緊張や興奮を促す交感神経が優位な状態から、脳がリラックスした状態である副交感神経が優位な状態に切り替わります。

涙活は、この仕組みを利用したストレス解消法なのです。

ただし、流せばどんな涙でもいいわけではありません。ドライアイを防ぐために出る涙や、タマネギの刺激に対して角膜を保護する涙では、いくら流しても意味がありません。ストレス解消に効果があるのは、悲しいときや感動したときに出る“情動の涙”なのです。

泣ける題材をストックして、泣ける環境を作りましょう!

世の中には、泣ける題材がたくさんあります。

映画や動画等の映像、小説や絵本等の書籍、J-POPからクラッシクまでさまざまなジャンルがある音楽、あるいは詩で泣けるという人もいます。

 

吉田先生は次のように言います。

「“泣きのツボ”は人それぞれですので、自身の泣けるコンテンツを ストックしておくと良いでしょう。自身の“泣きのツボ”がわからないという方は、まずは、動画サイトにアップされている感動映像などを観て、自分が何に弱いのか探ってみましょう!家族もの、動物もの、友情もの、アスリートもの、はたまた、大自然の風景の映像に涙する人もいます。いろんなジャンルを試してみましょう!」

一人で観るのもよし、友人、家族の複数人で観るのもよし。

吉田先生の実施する涙活イベントでは、主に映像を使って、参加者の皆さんに泣いてもらっています。

ストレスを言葉にして吐き出そう!

続いて、泣き言セラピーというワークショップへ。

涙の形をした紙に、自身の抱えているストレスを書き出してもらいます。そうすることで、自分がどんなストレスを抱えているのかが明確になり、現在の自分の心の状態がを客観視できるとのこと。

家でも、簡単にできるので、お試しあれ。

自分の今の悲鳴を上げているストレス状態がわかってきます。

どの箇所で泣いたのか、なぜ泣いてしまったのかを知ろう!

映像であればどのシーンに、本であればどの文言に、歌であればどの歌詞にというように、どこで泣けたのかを考えてみましょう。

家で一人で涙活をした人は、紙に書いてみる。友人や家族と一緒にその場を共有したのであれば、みんなで話し合ってみましょう。そうすることで、自分の“泣きのツボ”がみえてくるのだそうです。

涙活イベントでは、毎回、涙活タイムという、みんなで映像の感想を語る会というものをやっています。

自分で泣ける題材を作るのもあり!

また涙活イベントでは、現場によっては、なみだ作文という泣ける話を創作してもらうことも。実話でもフィクションでもOK。

最後の発表場面では、泣きながら発表する人も続出。それを聞いてる周りの皆さんも涙、涙。

「読者の皆さんにも、ぜひ家で作文を作ってほしいですね。これ、すなわち、自分の“泣きのツボ”作りでもあるのです。」と吉田先生。

一週間に一回、涙活をしよう!

閉会の場で、吉田先生は次のように言います。

「実は、涙は、一粒流しただけで、一週間、ストレス解消が持続すると言われているぐらい、強烈な効果があります。2,3分だけでよいのです。会社での仕事のちょっとした空き時間にスマホ等の携帯で、ストックした泣ける映像や文章を眺めて涙を流すことをおすすめします。」

読者の皆さんも今日から、一週間に一回、涙活をしてみては。

 

 

 

 

 

おすすめの記事