第7回目の公演『ソノ先に在る、あるいは居るモノヘ』を浅草にて上演します。

今回は全席指定なのでもし希望の席、最前、後方、通路寄り、出口寄りとかありましたらお知らせくださいませ。

■タイムスケジュール
3/30(金) 19:00~
3/31(土) 14:00~
3/31(土) 19:00~
4/1(日) 12:00~
4/1(日) 17:00~
※上記、開演時間
※受付は開演の60分前、開場は開演の45分前。
※上演時間は約120分前後を予定

■チケット代:
一般(前売/当日):3,300円
※全席指定
※当日、受付にてご精算ください。

■劇場:
浅草九劇
東京都台東区浅草2-16-2 浅草九倶楽部 2階

東京メトロ銀座線 浅草駅 1番出口より徒歩10分
都営浅草線 浅草駅 A4番出口より徒歩10分
首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス 浅草駅 A1番出口より徒歩5分

■あらすじ
ひとつ30分~40分程度の短編4作のオムニバスです。

第1話『善意と悪意と幾許かの優しさ』
高校生の娘たちがいる3人の母親たち。いつもの時間、いつもの喫茶店に集まりお喋りに花を咲かせていると、そのうちの1人が突然とある提案をした。「私が死んだら必ず葬儀に参列することを契約しなさい」

第2話『(1+1)1=1という数学的誤りと悲劇的側面に関する考察』
夜の森。黙々と、時にキャンプにでも来た若者のように騒ぎながら『穴』を掘り続ける軽装の女2人、男1人。そして傍らの台車には死体が1つ。「死にたくないなら殺すしかないじゃない」

第3話『上書き保存される迷える魂』
ふと湧いた出来心で他人になりすましてしまった女は『自分』を失ってしまう。失った『自分』の中には妻であることも含まれており、夫は淡々と彼女に告げる。「あなたは誰ですか? 妻でしたらもうおりますが」

第4話『あなたに会いたいから私は今日も空を見上げる』
街中で呼び止めた男に『神の使い』だと名乗る二人の女。最初は信用していなかった男だったが、思い当たることもあり徐々に信じていく。「神様を助けてください。あなたにはその義務があります」

■予約URL
https://www.quartet-online.net/ticket/sonosakini?m=0dfjhhb

■公演詳細(アクセス、地図あり)
http://opus-e.com/nextstage

おすすめの記事